演劇を通して、学校に行けない状態から1歩前進しませんか?

演劇を通して、人の人生を演じることができます。

普段自分が押し殺している感情や、心の叫びを演じることで外に放出することができます。

これって、演劇だからこそできることです。

そして、家にこもっていると、力いっぱいの大きな声を出すことがあまりありません。

声帯は筋肉なので、そこが衰えていきます。演劇の発声によって声帯を鍛えられるし、ストレス発散にもなります!

何より、公演することを目標にして、毎回の練習で成長を感じていけます。

何かをやり遂げるという体験を演劇を通して実現することができます。

演劇は、演劇療育として、発達支援や、精神の衰弱を回復するために効果的であるとされています。

実際に、不登校支援や、非認知能力を高めるための実践として多くの団体が取り入れています。

トイロでは、不登校の状態から1歩でも前進するためにカリキュラムに組み込んでいます。

実際に、参加している子どもたちは家以外の所と関わることができなかったのですが、今は毎週火曜日の昼から、この演劇教育を受けることができています。

それは「できることが増える喜び」「ストレス発散」「純粋に楽しい」と思えたからです。

これをぜひ、多くの不登校え悩む子ども達に体験してもらいたいなと思っています。

体験のご予約お待ちしております!

活動の様子はFacebookよりご覧ください!

https://www.facebook.com/connectoiro

また、演劇以外にも「ボードゲーム教育」にも力をいれておりますので、こちらもぜひご覧ください!